Diff of ホルス


TITLE:ホルス
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|登場作品|ランス123コレクション(大陸書房刊)&br;鬼畜王ランス&br;鬼畜王音楽CDブックレット&br;ランス10&br;イブニクル2|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

* 解説 [#nc52384d]
はるか昔に宇宙船で大陸に不時着した異星の住人達。個体ごとに持っている能力が異なる。男女有り。緑系の昆虫人間風の外見で、子供は種子のような小さな結晶の姿で生まれて来るようだ。&br;&br;
元々はかなり高度な先進文明を持っているが、ルドラサウム世界に漂着したホルス達の場合、事故や戦闘により技術員が全滅したためその運用性を失ってしまっている(アミーバやジャギジャギなどのカプセル怪獣もその名残だろうか)。現在もヘルマン氷河地帯の巨大戦艦を中心に暮らしている。メガラスはこの種族の出身。彼が魔人になった年代から、約4000年前には既に大陸に漂着していた物と思われる。&br;&br;彼等の技術はパイアールのそれとは違い、超未来的な発展を遂げた魔法科学である。動力の多くは魔力で賄われており、ゼスの魔法家電のようなものも存在する。宇宙船は特定の次元にのみ存在する星の血とよばれる素材を動力としており大規模な転移装置による長々距離航行(ワープ航法)が可能。また、種族固有スキルにフォース((元ネタは間違いなくス〇ーウォーズ))を持ち、メガラスの飛行能力はその中のフォースウイングと呼ばれるもの((個体ごとに習得できる体系が決まっている模様))。他に対象のスキル(技能)を剥奪するフォースも存在する。ホルスの魔力のようなものであり、フォース切れは魔力切れと同様に重篤な症状を引き起こす。&br;&br;本能的に「欲」の強い生命体であり、そのうちの「支配欲」を満たすため、女王を中心としたコミューンを数多形成して荒廃した本星より移民船を派遣、文明レベルが劣る星域を発見した場合は「世界の頂点となるべき存在」として、サムライアリのように他の星々を侵略して回っている。しかし、多数の戦闘を繰り返しても損耗・全滅することなく長期に渡って存続したコミューンはその「欲」が減少し、到達地点への侵略行為を忌避して原住民との平和的共存を望むように文化変質することがある。彼らの間ではそういったコミューンを「疲れた人達」と呼ぶ。テラ・ホルスを女王と仰ぐ巨大戦艦のホルス達はこの「疲れた人達」である。&br;
なお、テラ・ホルスが大食い勝負で特効能力を持つのはこの「欲」のうち、「食欲」が強いためと推察される。&br;
宇宙船内の樹木から採取される蜜はホルスの主食兼好物であると共に、ルドラサウム大陸の生物にとっても美味であるため、後にホルス達の主要交易品となる。&br;&br;イブニクル2の世界に漂着した宇宙船には彼らが本星を追われる事になった経緯が記録として残っている。始皇帝メガトンキッスは魂をエネルギーとして研究しており、世界の仕組みに辿り着いていた。&br;研究過程で少量の魂で大量の疑似魂を生み出し、それを魂量に定義する事でプランナーのように世界の理を操作する「魔魂炉」((疑似魂とは魂に極めて近い性質を持つ魔力のようなものであり、マナバッテリーを更に大出力にしたようなものと推測できる))を開発。しかし暴走により母星が失われる。&br;その研究はメガトンキッスの命令により各コミュニティで継続される。こう見ると惑星侵略は魔魂炉稼働用の魂を調達するためとも考えることができる。メガトンキッスの最終的な目標は創造神に成り代わる事であり、ラサウムとよく似た「支配欲」の持ち主((神の目が及ばない他世界や宇宙の星々でテリトリーをどんどん広げているため、悪魔達よりも脅威と言える存在かもしれない))。&br;&br;火炎書士の仮面に宿る外宇宙精神体シオコ=ンブはホルスの母星を知っているが関係性は不明。&br;他種族との交配は不可能な種族だが、イブニクル世界では世界の理を弄る事で人間との混血であるホルスハーフが生まれた。ハーフは人間と外見が変わらないが世界にはホルス(異物)と認識されており、特定のルールの影響を受けないケースがある。
宇宙船内の樹木から採取される蜜はホルスの主食兼好物であると共に、ルドラサウム大陸の生物にとっても美味であるため、後にホルス達の主要交易品となる。&br;&br;イブニクル2の世界に漂着した宇宙船には彼らが本星を追われる事になった経緯が記録として残っている。始皇帝メガトンキッスは魂をエネルギーとして研究しており、世界の仕組みに辿り着いていた。&br;研究過程で少量の魂で大量の疑似魂を生み出し、それを魂量に定義する事でプランナーのように世界の理を操作する「魔魂炉」((疑似魂とは魂に極めて近い性質を持つ魔力のようなものであり、ある意味ではマナバッテリーと似た様な装置と考えられる))を開発。しかし暴走により母星が失われる。&br;その研究はメガトンキッスの命令により各コミュニティで継続される。こう見ると惑星侵略は魔魂炉稼働用の魂を調達するためとも考えることができる。メガトンキッスの最終的な目標は創造神に成り代わる事であり、ラサウムとよく似た「支配欲」の持ち主((神の目が及ばない他世界や宇宙の星々でテリトリーをどんどん広げているため、悪魔達よりも脅威と言える存在かもしれない))。&br;&br;火炎書士の仮面に宿る外宇宙精神体シオコ=ンブはホルスの母星を知っているが関係性は不明。&br;他種族との交配は不可能な種族だが、イブニクル世界では世界の理を弄る事で人間との混血であるホルスハーフが生まれた。ハーフは人間と外見が変わらないが世界にはホルス(異物)と認識されており、特定のルールの影響を受けないケースがある。
*登場キャラ [#medb00d8]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|CENTER:名前|CENTER:解説|CENTER:登場作品|h
|120|BGCOLOR(White):|CENTER:100|c
|メガラス|ホルス唯一の魔人。元は宇宙船の整備士。&br;飛行能力に優れており高高度高速飛行が可能。|鬼、R10|
|メガフォース|ホルス警備隊。&br;ホルスの中では強い方だがランスに負けた。|R10|
|メガッス|ホルス警備隊。年老いた風体で、習字の先生。|R10|
|メガワス|ホルス警備隊。乙女口調だが男。&br;飛行能力を持つタイプ。|R10|
|[[テラ>テラ・ホルス]]|ホルスの女王。礼儀正しい淑女。お転婆な面も。|R10|
|ジャハルッカス|デスホルスと呼ばれる、ホルスの災厄であり殺人鬼。|R10|
|メガトンキッス|ホルスの始皇帝。創造神を越えようと画策する者。|イブニクル2|
|メガンティス|伝説に記される裏切りの6人のホルス。&br;魔魂炉で増幅したフォースを用いて聖騎士からスキルを剥奪し、後世の王家の権威失墜を招いた。|イブニクル2|
|メガドヴァンス|~|イブニクル2|
|メガタロス|~|イブニクル2|
|メガルキメデス|~|イブニクル2|
|メガポンタス|~|イブニクル2|
|メガプサラス|~|イブニクル2|
|ギガベル|異世界に漂着し出生率が末期となった頃に生まれた女ホルス。最期まで聖騎士を擁護した。テラと細部までよく似ているが等身が高く人間寄りの造形。|イブニクル2|
}}
鬼=鬼畜王ランス
* コメント [#u2066969]

#pcomment(,15,reply)