Diff of カミーラ


TITLE:カミーラ -Kamiera-
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|4196歳以上 / LP7年時点(AV期魔人化)|
|身長 / 体重|183cm / 60kg|
|出身(現住地)|(ゼス王国)|
|職業|魔人四天王&br;ケイブリス派魔人&br;⇒ 元ケイブリス派魔人|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|Lv120 / Lv220|
|技能LV(傾向)|ドラゴンLV2、魔法LV2|
|特技|気にいったものすべてを手に入れる事|
|趣味||
|目標|使徒の仇、ランスの殺害|
|好物|薔薇のお風呂と赤ワイン|
|登場作品|ランス6&br;ランス10&br;鬼畜王ランス|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

* 解説 [#fbcef49b]
プラチナドラゴンの魔人であり、魔人四天王の一角を占める女吸血鬼。~
歴史の教科書にも載る強大な上級魔人であり、最強の魔人の一人。ランス6では格下の魔人からも様付けで呼ばれ畏怖されている(鬼畜王ではタメ口)。~

元々は4000年以上も昔、なぜか牝が生まれなくなり、既存の牝も次々に病で死亡してしまう中、ドラゴンに最後に生まれた女性体ドラゴン。((旧設定では後にも先にも唯一の女性体ドラゴン))、ドラゴン族において決闘の勝者のみが所有出来るという掟の「生ける王冠」であり、生まれて間もない頃から王との交尾を強制されてきた。~
ちなみに、角と翼と尾を備えたドラゴン女に似た容姿自体は魔人にされる前からのもの。((尻尾は小さいのが付いてます by織音@ラフ画集))~

ドラゴン王マギーホアに所有されていたが、ドラゴン出身である当時の魔王アベルが己の物にすべく攫い、魔人化させる形で生殖能力をほとんど失い((現在のドラゴン族に繁殖力がない理由))現在に至っている。この誘拐劇がラストウォーの引き金になると同時にドラゴン達が争う意味を失わせ、平和へと導くことにもなる。だがこれが後にドラゴン達が大量虐殺をされる結果に繋がってしまった。~

そのような境遇からか性格は怠惰かつ退廃的で、プライドが高く傲慢で、どこまでも自己中心的な性格。~
美少年・美青年好きで、かつては長い時をかけ自ら集めた選りすぐりの美しい少年達を使徒(下級使徒)として多数従え、豪奢な城で女王の如く君臨していた。一方で、美少女は大嫌いで無惨に殺していた様子。実際、彼女の城の少年に色目を使った美少女が、皮を剥がれ、体を燃やされ、最後は串刺しで処刑されたそうな(オーロラ談)。~
80年前のマーゼルライン爆破作戦において、七星と並ぶ側近の使徒、アベルト・セフティが行方不明になっており、ずっと探させていた。~

ケイブリスからは長年求愛されているが、美形好きのカミーラは心底嫌い迷惑している。だが修行を重ねて強くなったケイブリスの力はカミーラを凌駕するほどになったため、カミーラも露骨にケイブリスと敵対することもできず、現状に歯がゆい思いを抱いている。かと言って、ケイブリスと敵対しているホーネットのことは、彼女の美しい容姿と非凡なる力への嫉妬心も加わって「小娘」呼ばわりしている等、ケイブリス以上に毛嫌いしており、本来ならば嫌悪しているケイブリスの派閥に属しているのもそのためである((トミノメモより))。~

一方、自分以外を下等と見なしていた傲慢さや自堕落に年月を過ごしたのが大きく災いし、現在の実力は全盛期に比べると見る影も無いくらいに損なわれてしまっているのだが、それでも並の魔人よりは高い実力を保持している。&br;とはいえLVではすでにレッドアイや、ノスと張り合えたレキシントンにも抜かれてしまっており、名誉四天王といった感じではある((シルキィの場合は装備が極めて強力であるため実際の強さはLVを大きく上回る))。&br;
近年には業を煮やしたケイブリスが直接挑んできた際にも、この時点で全盛期からどれほど劣化してしまったかは不明だがあっけなく敗れてしまい、カミーラが戦闘不能になった時点でケイブリスが正気に戻ったお陰で最悪の事態を免れるという、彼女のプライドをいたく傷つける出来事があった。~
またランス10におけるケイブリスの描写から、少なくとも彼のHPを半分も減らせておらず、激していたとはいえ臆病な彼に危機感を与えることすらできなかったことが分かる。~
ちなみにランス10の図鑑によると全盛期ではどの項目もオールラウンドで高く、ケイブリス派No.2のケッセルリンクの能力値に近いもので、それを部分部分で弱めたものになる。~
ランス6では翼を広げて浮遊した状態から伸縮自在の爪を使ってランス達に襲い掛かった。CGでの爪の軌道は鞭のようなしなりや直角に曲がるといった動きで十本がそれぞれ別の軌道を描く恐るべき多角攻撃となっており使徒のアベルト曰く人間程度なら薄紙と変わらない程の威力を持つ。終始距離を取って戦うスタイルを好んだため中~遠距離が得意間合いだと考察できる。人間相手であれば間違いなく脅威ではあるのだが、重戦車めいた巨体と耐久力を持つケイブリスであればそれらにチクチクされても意に介さずに至近距離まで迫ってDVの如くボコボコにしてしまったのが想像できる。ステータス差もさることながら戦法自体の相性も悪そうである((作中におけるケイブリスとの対決描写はいずれも狭い屋内であったため飛行もできず場の相性も悪い))。~

かつては獲物を嬉々として狩りにいき、毅然とした佇まいであったようだが、ケイブリスに惨敗してゼス崩壊時の侵略指揮を執った際は、保守的なまでに慎重な姿勢をとる事になっていた。それは再会し使徒として復帰したアベルト・セフティが不満を抱いて裏切る事態を招き、寵愛していたラインコックが殺され、自身もまた魔剣を持ったランスに敗れた挙句、ゼス永久地下牢の巨大魔法陣で封印される事になった。さらに追い討ちと言わんばかりに、封印されて身動きできなかった所をランスに犯されてしまい、必ずランスに復讐してやると誓っていたのだが、数年後のランス10の時点では、ランスがたびたび訪れては犯され続けてしまった事で、その気概すらも無くなり、もはやなにもかもどうでも良いと言わんばかりに無気力さが目立つものになってしまった。

カミーラの封印は厳重に秘匿されているため、魔人側からは行方不明扱いとなっており、ケイブリス派は行方不明になったゼスを中心に必死に捜索を行ったことから、後に三度目のメディウサ・ダークの到来を招く事になった…。

**ランス6では [#q87a592e]
ケイブリスから離れるためならどんな事でも利用したいとゼス侵攻軍(人類制圧作戦)の総司令官を請け負い、副司令官にジーク、部下にラ・サイゼルを従えて進軍。今回の侵攻が失敗すれば強引にケイブリスの花嫁にされる公算が高かったこともあり、行動も慎重になっていた模様。本来なら、ランスのような運も力も強い獲物は部下に任せず自ら嬉々として狩りに行くタイプ。その辺りの事が80年振りに再会したアベルト・セフティには弱気になったと見られ、正統な主である彼女までもがアベルトの試練の対象とされてしまう。


ゼス自体は使徒オーロラが仕組んだクーデターであっという間に蹂躙したものの、ランス達のマジノライン復帰作戦でサイゼルとジークが破れ、さらに自らの使徒である七星を失い、自分にとっての大切さに気付いたばかりのラインコックまで殺されてしまう(ラインコック殺害の犯人はアベルト・セフティだが、部下の下級使徒の推測を聴き誤解している)。

七星を殺されたことでようやく重い腰を上げたカミーラはランス達を始末するためにマジノライン第8区の屋外で一同を待ち構え、圧倒的な力の差で追い詰めていく。しかし自身の下級使徒アウレスヒラウにラインコックの訃報を聞かされ戦闘を中断しその場を離れる。マジノラインの一室でラインコックの遺体と対面し、呆然としながら上記の流れで犯人をランス達と決めつけ憤怒の形相で再度出撃。屋外通路で強襲をかけ、離れた距離からの伸縮自在の爪の猛撃で再び一同に何もさせずに圧倒。しかし戦闘の陰からアベルトが槍を投げたことでそれに反応するために一瞬だが爪による攻撃が止まり、その隙を突いてランスはパットンを踏み台にして跳躍し浮遊状態のカミーラに肉薄、そのままカオスの縦斬りをまともに受けカミーラは胴体と右目を負傷する深手を負った。一転して窮地となったカミーラはそのまま戦い続けるも傷による苦痛で動きの精彩も大きく欠いており敗色は濃厚((発売順では逆になるが03で串刺しを喰らった後のアイゼルの状態に近い))。力尽きて一度はその場に倒れかけたカミーラだったが気力で踏ん張るとその場から逃走し、マジノラインの灯りの無い迷路状の屋内通路に身を隠した。仲間を置いて勇み足で追撃しようと建物に入ったランスとそれに従うシィルが扉の仕掛けによって中に閉じ込められるとそれを好機と見たカミーラは暗闇内でのヒットアンドアウェイでランスをじわじわと削る戦法を取った。しかし攻撃時の爪の風切り音でついにカミーラの位置を見切ったランスに腕を掴まれて二対一の接近戦にもつれこまれついに倒れた。幾度もの不意打ちによるダメージと戦闘の疲れでランスもその場にへたり込むほどグロッキーであったため止めは刺されず、その後、ゼス王国によって封印処置が行われた。
封印のために身動き出来ないのをいい事にランスに犯されるという屈辱を受け、使徒達を殺されたとの認識も合わせて、ランスに対し激しい憎悪を燃やすことになった。((カミーラとのHは挑戦モードのイベントだが、戦国ランスのマニュアルに「これまでの物語」として記載されている))

ゼス崩壊の一連の出来事は後に「カミーラダーク」と称されている。

すっかり弱体化したとされているが、元魔人四天王のノスと対峙したことのあるマリアがカミーラとの初回戦闘で圧倒された直後に今まで戦ったことのある魔人とは比べ物にならない強さだと言っており、この状態でもノスを遥かに超える力量を持っていた可能性がある((ゼスで出会ったサイゼルやジークのみと比較した可能性もあるためどちらとも言い切れない感じになっている。また、相手を近寄らせないスタイルのカミーラと攻撃をあえて受けるプロレスラースタイルのノスでは比べにくいところもある))。
**ランス10では [#u408ad5c]
6から続きゼスの永久地下牢に閉じ込められている。ランスには6のその後も含め合計5回犯されているらしい。その6からの経緯のせいか、諦観からの無気力が各所に見られる。~
右目は開くようになったが顔にはカオスによる縦斬りの傷痕が残っている。~
今作で図鑑からカミーラの全盛期と弱体化した現在の力の程度を見ることができる。~


本編での本格的な登場は少なくとも5ターン目から。5ターンの終了までにメディウサを倒さないと、ケイブリスにより牢から解放される。その際に、奪われないように守護していたアレックスは死亡。~
彼女がケイブリスの元にいると各Aエンドのイベント内容に差分が出たり、Aエンド強行突破ルートの条件であるため、それらを見る場合はアレックスには一度、犠牲になってもらおう。~
ケイブリスを嫌っているので、怠惰かつ無気力から積極的には動かないものの、彼が不利になるような行動を取ることは一貫している。~

海からなどのルートで解放されている場合は、カミーラの態度についに堪忍袋の緒が切れたケイブリスと対峙し、毅然とした態度で啖呵を切った後に再び単独で戦う。
だが戦闘後のケイブリスには特に傷んだ様子も見えず戦闘時間も長くないことから両者の力の差はやはり明確であり、((すぐ後にランス達と戦うケイブリスのHPも削れていない))再び敗れて犯されてしまう。~
犯された後もケイブリスに「お前は強くなったが心は臆病で醜いままである」という気丈な態度を見せるが、それがさらなる不興を買い、ずっと生かし続けて生き地獄に味合わせると言われた後に腹を踏みつけられ、その際に胎内からでた精液を見て欲情したケイブリスにさらに犯されることになる。~
その後、ランス達がケイブリスを倒した頃には何とか立てる程には回復しており、ケイブリス派の残党の指揮を引き継ぎ各地の魔物を撤退させた。~
~

強行突破ルートでは、魔物都市ミダラナツリーにあるカミーラの城でケイブリスが彼女の誕生日パーティを開催するのを狙ってランス達が突入。~
ケイブリスが逃げようとしたため少しでも危険な目に遭わせてやろうと思い、誕生日プレゼントとしてホーネットの死体を要求することで引き留めて、ランス達と戦わせた。~
~

ランスがメディウサを倒しカミーラの様子を見に行くとケイブリスより先に到達。殺意を向けるカオス・サテラを当然と思い自らの命にも執着を持たないが、リセットが庇う事でかすかな苛立ちを覚える。恐怖の象徴である魔人である自分に対し、無邪気に接するリセットに困惑。どのような事であれ心を動かす事がほぼ無かった自分が抱いた感情を持て余し、ケイブリスよりはマシだと考えランス城へとやってくる。

サテラに説得されても魔軍との戦争には関わらない立場は崩さないが、無邪気に遊びにくるリセットは勝手にしろと放置している。~
~
~

来水美樹から魔王の力を継承したランスであったが、人類側への一切の戦争行為を禁じた上に、新魔王軍の結成を宣言し、他の魔物達を放置した結果、RA2年にて一部の反ランス派の魔物達を結集した勢力・カミーラ派の筆頭として担がれ、ハウツーモン派、オルブライト派といった他の魔物勢力も立ち上がってる。~

そしてRA3年、自堕落な魔王ランスに業を煮やした魔物達にカミーラは担がれ、後に「カミーラの反乱」と呼ばれる魔物界での本格的な一大抗争を引き起こす。
100万もの魔物を率いてランスの居城・アメージング城のある翔竜山に攻め込むのだが、カミーラ派はあっけなく鎮圧される。そしてカミーラは生け捕りにされ、魔王ランス自らの手で「お仕置き」を与えられる末路となってしまった。

その後第二部(RA15年)では、アメージング城で半ば幽閉の身という形で居住しており、自室から出ず引き籠りの生活を続けていた様子で、ランスが正気に戻った後のお茶会において久しぶりに姿を見かけたとハウゼルが告げている。~
**鬼畜王ランスでは [#aeb9418e]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|>|>|CENTER:プロフィール|h
|120|BGCOLOR(White):|120|BGCOLOR(White):|c
|年齢(生年)|不明|身長 / 体重|183cm / 60kg|
|出身|リーザス国境山荘在中 |職業|魔人(四天王) |
|レベル / 才能限界|Lv120 / Lv220|技能Lv(傾向)|魔法Lv2|
|特技||特記事項|血を啜る美女|
}}
ケイブリス派のリトルプリンセス探索隊のリーダーとして、リーザスとヘルマンの国境付近にある山荘に居を構える。こちらでも、なるべく長くケイブリスと離れていたいとの思いからあまり積極的には行動せず、出撃時はドラゴン女の部隊を率いるが、よく山荘の奥で半裸の美少年達と快楽に耽っている。Hの経験も豊富であり、快楽に浸り相手の男を殺して血を飲むのが好き。その際、獲物の男はラインコックが自主的にナンパしてくる。ランスに倒されなければ、業を煮やしキレたケイブリスにラインコック共々殺されてしまう。どちらにしても滅びる運命。
*ゲーム的には [#t86eab75]
**ランス6では [#c11a00e8]
初遭遇時の戦闘ではHPがカンスト(10万超)しており、ターン制限があるため勝つことはできない。二度目の戦闘も同様。アベルトの槍投げからカオスの直撃が入ってようやく討伐可能になる。&br;
攻撃は主に三種類のブレスをランダムで使用してくる。七星と違い全てが全体攻撃になっており麻痺対策をしていないと痺れるブレスでハメ殺される可能性がある。
ゲーム内のカミーラはステータス的にそこまで強くはない。これはケイブリスとの戦いで負傷したことにより全力を出せないためでもあるが、本編中はイベント戦に終始するため本来の実力に設定されていないのが主な理由。屋外戦に勝利するとランス、シィルの二名で真っ暗な屋内でのカミーラ捜索パートになり、袋小路で爪の不意打ちを受けると仲間たちのパートが一度挟まれる。再度のカミーラ捜索パートでは一定距離進むごとにカミーラの不意打ちが来るが、三回目でランスがカミーラの攻撃を見切って戦闘に突入する。屋外ですでに瀕死状態になってからの連戦であるためブレスも満足に吐けないのか使用率が大きく下がり、単体攻撃の鋭い爪を多用する。しかしステータスが大幅に低下しており威力も低く、ランスがタイマンでも問題なく勝てる程度。本当の実力を発揮したカミーラとは無茶苦茶モードで戦う事が出来る。こちらのカミーラはステータスとブレスの性能が超強化されており、魔人四天王の何たるかを知る事が出来るだろう。
**ランス10では [#p2a2a07b]
第二部の二周目以降の周回ボーナスで『なんでもあり』にチェックすると入手できる。以前の所属は神魔、ver1.03のパッチにおいて所属がゼスに変更された。&br;
以前は魔人四天王だった者の名に相応しい高いステータスを持つが、パッシブスキルはおろかリーダー編成時効果のスキルすらない、完全無欠の置物キャラで本当に何一つやる気がないことが伺えるスキル構成であった。&br;
現在はver1.03の所属変更に伴い、自動発動50%のスキルとHPが40%以下になったら使えるスキルが追加され、多少のやる気を感じさせるようになった。&br;
レアリティが高く、入手できても3回目の翔竜山挑戦の虹宝箱なんてことはザラであるため、育てる暇がないのが実情。&br;
全裸カードもあるが、よほど運良く早期に入手できない限りランク40まで育てるのは困難であろうと思われる。&br;
全裸カード入手を狙う場合は、CPを集めランクを上げやすい環境を整えた後に、遅くとも11ターンの特訓の宝箱入手までにカミーラのカードを入手するようにドロップの調整をしながら試行を繰り返すことを推奨する。
* 人間関係 [#b8d1181f]
-ラインコック、七星、アベルト・セフティ / 愛しい我が使徒。
-ケイブリス / 求愛されている。醜いので嫌い。
-ホーネット / 自分が全て正しいと思い込んでいる小娘。ケイブリス以上に嫌い。
-ラ・サイゼル / 無能で非力な魔人の恥さらしめ。
-ランス / かつて復讐の気概を見せたが、すでに失くしてしまった。(ランス10) 使徒達の仇(誤解含む)。絶対に復讐してやる。(ランス6)
-リセット / 無邪気に懐いてくる無垢な存在。自分への恐怖を理解できる日まで様子見。
*特記事項 [#uaed9098]
-配下の部隊には外見や強さから好んでドラゴン女を入れる。しかしランス6では出番なし。なんでも、織音氏がカミーラの部隊キャラとして一度はドラゴン女の立ち絵のラフを上げたのだが、自分が女の子モンスターの担当じゃないのでHシーンが無いと聞いて没にして、代わりに通常敵にドラゴンナイトを採用したのだとか。
-ランス10一周年記念で行われたTwitter上での織音氏の質問回答によると、織音設定の段階だが、第二部終了後はKDを殴って伸した後、ドラゴンたちを見守るようになっているとの事。
-織音設定ではKDがレッドドラゴンではなくルビードラゴンであるように色名の竜の上位種は宝石名になるルールを用いている。ゴールデン(金色)→ゴールド(純金)といった貴金属系の竜もいるためプラチナドラゴンも何らかの竜(ホワイトかシルバー?)の上位種だと推測される。~
*修得技能 [#a4f0b699]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|CENTER:修得技能|h
||BGCOLOR(White):|c
|鋭い爪|両手を広げた状態から爪だけを伸ばす刺突攻撃。凄い曲がるし伸びる|
|Dブレス(ドラゴンブレス)|破壊力、痺れる、溜め解除の三種類のブレス|
}}
*名台詞 [#yf8e8229]
-何が…早くしないと&br;我慢の限界だよっ…だっ…!
-たかがリスの分際で、&br;図に乗りおって…!!
# ケイブリスからの手紙に対して

-私の問いかけに答えよ…
&br;私の使徒、七星を殺したか…?
# マジノライン屋外で待ち構えていたカミーラの問いかけは至極簡潔だったが、その重圧はリックとパットンを戦慄させるには十分すぎるものであった。
# もっとも、当のランスは緊張感の欠片も無かったが。

-…………
&br;……そうだな。楽しみにしておこう
# ホーネットの死体を誕生日プレゼントにすると豪語するケイブリスに
# うわべだけとはいえ、カミーラがケイブリスにかけた最初で最後の優しい言葉

-こいつは私を怒らせた……だからそばにいることを許してやった
&br;……幼さ故に、この娘は私に対する悪意や恐れをまだ知らない
&br;そのまま殺してもそれでは意味がない
&br;だから……この娘にそれらがひとかけらでも混ざったとき……
&br;すぐさま八つ裂きにしよう
&br;私はそれを待ってるだけだ
# 憐れみをかけてきてプライドを傷付けたリセットへの態度。
# 普通の生き物なら恐怖でショック死するほど強い眼光を浴びせてみたが全く通じなかった。
# 懐いてくるのは、小動物は好きではないが嫌いでもないので別に構わない。

- ひどい匂い……
- 折角ここまでの道を教えてやったのに、どうやら負けたようね
- 貴様が少しでも不快になればそれでいいと思ったからよ
# ケイブリスを前に女口調で話す箇所抜粋
# この啖呵でケイブリスと決別するため、最後の煽りとして落差でも狙ったのだろうか
* 名場面 [#t1d4412e]
-ズキューーーン(擬音)
# ランスの苦し紛れのキスで唇の柔らかさを初めて知り、玉座の上で呆然とするシーン
# さすがランスだ!そこにしびれ(ry

-カミーラ
&br;「逃げる、と……今、そう言ったのか?」
-ケイブリス
&br;「え、えーっと……ま、まだ言ってない、かな?」
-カミーラ
&br;「…………」
&br;「私の誕生日を台無しにする連中を前に、逃げたりはしない筈、そうだな?」
-ケイブリス
&br;「うぐっ!?そ、それはぁぁぁ~~……」
-カミーラ
&br;「……今」
&br;「この私のもっとも欲しいものが……何か分かるか?」
-ケイブリス
&br;「へ? それは誕生日プレゼントの話?」
&br;「あ~~~……俺様、カカカ、カミーラさんに似合うと思って、実は、ゆゆゆゆ、指輪なんてものを……」
-カミーラ
&br;「…………」
&br;カミーラの瞳はどこまでも冷たく、ケイブリスを一瞥すらしない。
-ケイブリス
&br;「あぐっ……!」
&br;「それは、その、もしかして……」
&br;「ホーネットの死体?」
-カミーラ
&br;「……なんだ、分かってるじゃないか」
-ケイブリス
&br;「あ、う……」
# ランスたちから逃げようとするケイブリスを足止めすべく、誕生日プレゼントにホーネットの死体を要求する
# ケイブリスの恋心を利用して彼を危険にさらそうとする手腕はお見事


*画像 [#sc0db37a]

&ref(http://www.alicesoft.com/rance10/chara/magun/img/25.png,60%);
ランス10
&ref(https://www.alicesoft.com/rance10/chara/magun/img/25.png,80%); ランス10 ©アリスソフト

©アリスソフト
* コメント [#e6e7b290]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/魔軍,notitle)
&tag(魔軍,魔人,魔人四天王,ケイブリス派,鬼畜王ランス,ランス6);