Backup diff of パットン・ミスナルジ(No. 129)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
TITLE:パットン・ミスナルジ -Patton Misnarge-
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|33歳 / LP6年時点(GI988年生まれ)|
|身長 / 体重|203cm / 128kg((R6時、現在も成長中 R3時、190cm / 87kg))|
|出身(現住地)|ヘルマン帝国|
|職業|元ヘルマン帝国皇子|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV30 / LV70|
|技能LV(傾向)|格闘LV2|
|~|剣戦闘LV1|
|~|盾戦闘LV1|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV50 / LV70|
|技能LV(傾向)|格闘LV1|
|~|ガードLV1|
|特技|乗馬、とにかく打たれ強い|
|趣味|体を鍛える|
|目標|ヘルマン帝国の実権を奪還する&br;(ヘルマンの皇帝になる)|
|登場作品|ランス3&br;ランス4(名前のみ)&br;なぐりまくりシリーズ(2作)&br;ランス6&br;ランス9&br;闘神都市2(召喚ドア)&br;鬼畜王ランス&br;アリスの館456(壁紙)&br;ママトト&br;ままにょにょ&br;不定期会報|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#j56ff8bb]
[[パットン物語:http://blog.alicesoft.com/archives/3975132.html]]も参照。

国を追われた元ヘルマン国の皇子でパットン派の旗頭だった男。本来のフルネームはパットン・ヘルマンだが、今は廃嫡の身となっている為、母方のミスナルジ姓を名乗っている。前ヘルマン皇帝と妾のパエリナ・ミスナルジの間に生まれた子であったが唯一の男子であった為、第一皇位継承権を持ち、ヘルマン共和国の後継者候補として育てられていた。才能はAクラス。

しかし皇后パメラ・ヘルマンが娘シーラ・ヘルマンを生んだ事で状況が一変し国内はパットン派とシーラ派に二分される。パメラ筆頭の(裏から宰相ステッセル・ロマノフが操る)シーラ派の策略により徐々にパットン派は押しやられて行き、最終的には戦死したものとして皇族の籍を奪われ、ヘルマン国内に戻れない状態までされてしまったばかりか、ステッセルに刺客まで送られる状態になってしまった。そんな中でも修行に励みながら、ヘルマンを奪回するために活動をしている。

しかし国から放り出される形となり貧乏にはなったが、本人は酒も女も好き放題だった宮殿生活の頃より心が充実している今の生活の方が気に入っているようだ。 →ランス温泉へ行く

ヘルマンの皇帝になる事はある意味ハンティ自身が望んでいる事でありパットンはそれが恩返しになると考え、そのためにもヘルマンの皇帝になるように頑張っている。そしていつかはハンティに自由になってもらわなければとヒューバートに洩らしていた。

母親が妾の身分であった為、幼少の頃から肩身の狭い思いをしていたようだ。その母親はパットンが生まれてすぐに謎の死を遂げ亡くなったため、代わりに母親の親友だったハンティ・カラーに育てられた。とりあえず丈夫に育ったのでハンティも満足しているようだ。また身分が身分なだけに、幼い頃から暗殺されそうになっていた為、身辺警護役もハンティが引き受けている。そしてハンティを通じトーマ・リプトンという師匠を持ち、トーマが後に友人となる息子のヒューバート・リプトンや神童と呼ばれたアリストレス・カームと引き合わせた。

**ランス3では [#j7a17d5e]
初登場。見た目はどう見ても極悪人である。28歳の時、シーラ派の策略に乗り父であるヘルマン皇帝への名誉挽回の為、魔人ノス一派(魔人アイゼル、魔人サテラ)と手を組みヘルマン軍の第3軍を率いてリーザス侵攻作戦を実行する。一時はリーザス全土と自由都市地帯の半分(ラジール)までもを占領する事に成功するも、ランスやリーザス解放軍の活躍でリーザス城下まで解放され、果ては魔人ノスの裏切りで殺されそうになるが、ハンティの決死のテレポートのおかげで九死に一生を得る。最終的にはパットン派の賭けは失敗に終わった。

そして皇后パメラ・ヘルマンと宰相ステッセル・ロマノフ、パットンが率いていた第三軍の副将ミネバ・マーガレットの暗躍で戦死した事にされ、結果的に皇位継承権を剥奪された。現在は死んだものとして扱われる中、再起の時が来るまで潜伏中である。
**なぐりまくりたわぁでは [#f2691f73]
一転追われる身となったパットンはハンティと共に隠れ住み復讐の為修行をすることになる。その時にMランドのなぐりまくりたわぁというアトラクションにはまったのがきっかけで自身の持つ格闘の才能に気付いた。それまでは剣を使っていて、周りと比べて自分の弱さに自棄になっていた節があったが、この時を境に自分に自信を取り戻していくことになる。

**にせなぐりまくりたわぁでは [#pa97e33c]
更に実戦能力を身につけるため、ハンティと途中で合流したヒューバート・リプトンが計画した「にせなぐりまくりたわぁ」にも挑戦した。

**ランス6では [#ldb37cd6]
31歳の時、修行と潜伏を兼ねてゼス王国の奴隷観察場に紛れ込んでいたところ、それと知らずに因縁深いランスと初めて顔を合わせることになる。レジスタンス組織アイスフレームの方針で勧誘を受け、こちらのほうが修行がしやすいと言う事でランス率いるグリーン隊に所属。ランスとは割と意気投合している模様でランスを「気になってる奴」と称した。物語中盤でランスと模擬戦を何度かするのだが、その後ランスがトーマを倒しヘルマン軍を撃退した中心人物だと知る。しかし自分がこうなったのは自分のせいだとし、ランスを恨むことはなかった。また、ランスとは「いつか本気でやりあう気がする」という伏線めいた台詞も。

最初はダメなバカ皇子といった感じだったが、シリーズを重ねるごとに成長していくのが目に見えてわかる面白いキャラクターである。
**ランス9では [#f4a48404]
ランス9公式サイト上で登場が公表された。本作ではサブタイトルであるヘルマン革命の中心人物であり、シリーズの主人公ランスと共に「主人公」として活躍することとなる。ステッセル・ロマノフから国を取り戻す為、「無法者」として少数精鋭の強襲部隊でヘルマン軍に立ち向かうことになる模様。
シーラ派との直接対決やランスとの関わり等、色々と見所が期待されている。
**鬼畜王ランスでは [#d3d06f36]
年齢30歳、直情的な猪タイプだがどこか抜けていて憎めないキャラクター。難しいことは参謀役のハンティとフリークに任せて、本人は後をどうするか何も考えずにまずヘルマンに対し復讐の機会を窺っていた。しかし、その裏の無い性格が腐敗したヘルマンを変えてくれると信じた者達から支持され小規模ながらパットン軍を形成する。

ゲームの進行上、パットン一味(+ハンティ、ヒューバート、フリーク)とアリストレス、ロレックスはどちらか一方しか仲間にできない。部下にするとリーザス配下でヘルマン地方を治める傀儡政権の皇帝となるが、ガンジーと同じく世界統一EDでは悪政を重ねるリーザス(ランス王)に反旗を翻す。ハンティとの関係が乳母兼身辺警護役だけではなく非常に複雑と称されたのも鬼畜王から。
*ゲーム的には [#y2540cb9]
**鬼畜王では [#o8bc44d4]
以前とは前述の通り、見違える姿で登場するものの、性能は余り良くない。部隊の能力はあくまでそこそこでしかなく、武舞乱舞も自爆技に近い。迷宮戦以外では全てマイナス補正がつくため迷宮戦特化のユニットだが、文字通り桁違いに強いセシルがいるため、迷宮戦でわざわざ使う必要も無い。ユニットの数合わせに使う程度である。

パットンの反乱軍は数、アリストレス&ロレックスは質といったところか。

**ランス6では [#j7e7e35e]
修行の成果か、見違えるほどパワーアップ。高い体力と防御力にスキルの味方ガードでパーティーの鉄壁の護り手と化しつつ、自動反撃で攻撃。反面、攻撃としての殴りや武舞乱舞はFRボーナスで特化しない限りイマイチ。その場合はガードが甘く、味方ガードが大して使えなくなる。

中途半端に育てては駄目で攻撃か防御どちらかに特化する必要がある。一応、アタッカーは他にも居るのでパットンの個性が最大に活かせるガードに特化するプレイヤーが多い様だ。
*人間関係 [#f1379536]
-ハンティ・カラー / 乳母、大事な人。自分のすべて
-パエリナ・ミスナルジ / 母親。故人。
-ヒューバート・リプトン / 師匠の息子。幼馴染の気の合う親友
-アリストレス・カーム / 幼馴染の友人
-フリーク・パラフィン / 自分を支持してくれる仲間
-トーマ・リプトン / 師匠
-シーラ・ヘルマン / 血の繋がりのない妹
-パメラ・ヘルマン / いつか倒すべき敵
-ステッセル・ロマノフ / いつか倒すべき敵
-ランス / 結構気に入っている奴
-ナギ / 妹(ランス曰く)
*修得技能 [#o6c88dae]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|CENTER:修得技能|h
||BGCOLOR(White):|c
|武舞乱舞|説明|
}}

*特記事項 [#ra447f70]
-最初は軽~くぷちっと死ぬ予定だったのを、パットン派(笑)のYUKIMIさんとぷりん氏のおかげで助かったキャラクター。彼を助ける為にハンティが生み出されたのを皮切りに、ヒューバートやフリークなど関連キャラが次々と生み出される。→ランス4裏話参照
-なぐりまくりシリーズの主役として成長を重ね、鬼畜王ランスでパットン一行として纏まった設定がお披露目された。
-スタッフの間でも人気のあるキャラらしい。
-他のシリーズにもゲスト出演しているが、ママトトのパットンは同姓同名の別人((出身国はルマン帝国))である。一方ままにょにょ・わいどにょのパットンは本シリーズのパットンであり、そのそっくりさ加減でカカロ・ナナスが戸惑うシーンがある。
*名台詞 [#ta83e098]
-「それにな、俺の辞書には後退・逃走、及びそれに類似する言葉はねえんだ!」
# にせなぐりまくりたわぁより。初対戦のハニー相手に言い放った性格をよくあらわす台詞

-あそこにいる俺はどこか腐っていた。貧乏になったが今のほうがいい。いつも淀んでいた心のどこかが…妙に晴れ渡っている。それにこんな金も権力も関係ない生活をしてるとな誰が味方で、誰が敵かもはっきりと分かる…誰に…必要とされているかもな。
# ランス温泉へゆくより。風呂でヒューバートに語った昔と今の気持ちの違い

-ただ…な。苦労かけちゃ駄目だって思いながらも…ずるずると…俺はもっと頑張って…そんで、あいつを解放してやんねぇとなっ…て…思う…
# 上に同じくその後ヒューに語ったパットンの胸の内に秘めた思い

-えーいうるさい、ワイワイ喚くな!俺は誰とも結婚せん。あいつに一生、そばにいて貰う為にな!!
# 鬼畜王ランスより。あいつとはハンティ・カラーのこと

-「そうだ!俺がお前のおねーさんだ!」
# いたぶられる志津香を助けるためにナギに言った超「迷」台詞。

-「ただの女好きじゃない。女しか好きじゃない。」
# ランス6より。ハンティに聞かれてランスの事を的確に表現した台詞。
# この後ハンティに呆れられる

*画像 [#y345f365]
http://www.alicesoft.com/rance6/chr/chr47.jpg
ランス6

&ref(http://livedoor.blogimg.jp/alicesoft2010/imgs/e/e/ee359b9c.jpg,52%);ランス9ラフ
&ref(http://www.alicesoft.com/rance9/common/img/img_chara_outlaw_01.png);ランス9

[[http://www.alicesoft.com/ma2nyo2/img/chr_19.gif]]
ままにょにょ


&ref(http://livedoor.blogimg.jp/alicesoft2010/imgs/6/9/69b36e46-s.jpg,90%);

ランス3以前 パットン、ぐれはじめる。

&ref(http://www.alicesoft.com/rance9/common/img/img_story_01.jpg);ランス3

©アリスソフト
*コメント [#f5c2923e]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/ヘルマン帝国,notitle)