Backup diff of ディオ・カルミス vs current(No. 1)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
* [[ディオ・カルミス]] [#c59be3dd]
***登場作品 [#tcf34414]
 ランス4-教団の遺産-
 
***年齢([[誕生日]])/身長、体重、3サイズ等 [#n8fda576]
597歳(GI420年4月13日)/200cm、160kg
TITLE:ディオ・カルミス
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年597歳 / LP2年没(GI420年4月13日生まれ)|
|身長 / 体重|200cm / 160kg|
|出身(現住地)|(闘神都市υ)|
|職業|闘将|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界||
|技能LV(傾向)|拳法LV2|
|~|剣戦闘LV1|
|~|盾防御LV1|
|特技|あらゆる殺人術、絶対魔法防御|
|趣味|殺し、頭蓋骨コレクション|
|目標||
|登場作品|ランス4|
}}
#div(end)

***[[レベル]](才能限界値) [#h3231d14]
LV不明
#contentsx(include=false)

***技能LV(傾向)/特技 [#vd92ea9a]
格闘LV2、剣戦闘LV1、盾防御LV1 / あらゆる殺人術
*解説 [#z5b1abc2]
浮遊大陸イラーピュこと、最後の闘神都市υの中で眠っていた残忍な闘将。数多く製作された闘将の中でも最強とされる闘将であり、生身だった頃には世界を震撼させるほど名の知れた殺人鬼であったという殺人快楽症の狂戦士。殺した人間をコレクションする趣味があり、自室には骸骨がずらりと飾られていた。刃をも通さぬ鋼鉄の肉体に、高度な技術を備え、闘将にとって致命的な弱点となり得る魔法でさえも通用しない。顔の左側だけ白い仮面をつけている。

***趣味/目標 [#wed4acf2]
殺し、殺した人間のコレクション / 殺しを愉しむ生活
かつての魔人戦争時代、あまりにも危険過ぎた為に、フリーク・パラフィンによって封印されていたが、ビッチ・ゴルチ率いる闘神都市探索隊に昏睡状態の所を発見され、ビッチに拉致された魔想志津香の魔力により眠りから目覚める。その際、身体の内部に13個のプチハニー爆弾を取り付けられた為に、取り合えずはビッチに従い行動する事にした。

***人間関係 [#k160bb2a]
[[フリーク・パラフィン]] / 自分を封印した憎き敵~
[[人間]] / 楽しい玩具~
[[レプリカ・ミスリー]] / 楽しくない殺害対象~
通常、脳が直接影響を受ける為に魔法には滅法弱いのが闘将の欠点だが、生前より魔法を否定し続けた思想の持ち主であるディオ・カルミスの場合は、まるで痛みという言葉を知らないかのように魔法が意味を無くしてしまう。かつて人間時代に黒髪のカラーに殺され、聖魔教団の手で闘将として甦らせられた時にも、その力によって絶対服従の魔法から難なく抜け出していた。以上の事からも、ディオは「''究極の魔術師キラー''」とも言える闘将で、本来の闘将にあったはずの弱点が無く、更には優れた戦闘力を誇っていた上に、殺人そのものに快楽を見出す最悪の殺人鬼であった為に、闘将として鋼鉄の体を得たディオは、ランスシリーズに登場した闘将の中でも、事実上最強クラスの存在として猛威を振るった。

**解説 [#z5b1abc2]
[[闘神都市Υ]]([[イラーピュ]])で封印されていた史上最強だと思われる[[闘将]]。~
まるで痛みを知らないかのような絶対無敵の狂戦士。殺人快楽症。~
生身の人間だった頃は世界を震撼させるほど名の知れ渡った殺人鬼だった彼は~
聖魔教団に[[闘将]]にされた際にかけられた[[絶対服従の魔法]]から難なく抜け出し自由になった。~
[[闘将]]の戦闘能力は人間だった頃の戦闘能力が大きな影響を与えるため~
人間時代に優れた戦闘力を誇ったディオは鋼鉄の体を得てその強さにより拍車をかけた。~
~
闘将は基本的に脳に直接影響を受ける魔法に弱い筈だがこのディオにそれは当てはまらない。~
人間の頃から魔法の存在を否定し続けている狂戦士ディオには魔法も意味を無くしてしまうのだ。~
刃をも通さぬ鋼鉄の肉体に魔法さえも通用しない最強最悪の殺人鬼。それがディオ・カルミスなのだ。~
~
~
[[ビッチ・ゴルチ]]率いる[[闘神都市]]探索隊に封印状態で発見され~
ビッチが拉致した[[魔想志津香]]の魔力によりその長き眠りから目覚める事になる。~
その際ビッチにプチハニー爆弾を体に取り付けられたため取り合えずビッチに従い行動した。~
~
史上最強の闘将と言われるだけはありその戦闘力は凄まじく魔剣[[カオス]]が~
無いとはいえ[[ランス]]でさえどうにも出来ずに撤退を余儀なくされたほどの強さ。~
おまけにミスリス製の奇跡の最高傑作だった[[レプリカ・ミスりー]]と戦闘し~
頭部をその鋭い五指から繰り出される手刀で貫き致命傷を与え殺害した。~
~
また格闘LV2なので[[必殺技]]のような技がありオーラを拳に纏い繰り出した~
パンチは[[闘神都市Υ]]内部の壁を一撃で貫通させ大穴を開けてしまう威力がある。~
~
ビッチに協力し[[闘神Υ]]を復活させた後は[[フリーク・パラフィン]]や[[ヒューバート・リプトン]]を~
殺害しようとするが[[デンズ・ブラウ]]の命がけの妨害に遭い一時断念する。~
フリークの案でランスに[[闘神都市Υ]]の原動力を破壊された後は自ら[[シンシア]]拉致し~
[[闘神都市Υ]]を動かし取り逃がしたフリークやランスたちを誘き寄せた。~
~
[[レプリカ・ミスリー]]の仇を討とうとするフリークと助太刀したヒューバートと~
戦ったが二人まとめて返り討ちにし、今からとどめを刺そうという時に現れた~
[[ハンティ・カラー]]と続けて戦闘を開始した。~
しかし魔刀[[不知火]]の力でパワーアップしたハンティに敗れ墜落する~
[[イラーピュ]]と共にその死を知らぬ殺人生涯に幕を閉じた。~
~
~
ディオは殺人も好きだが殺しも好きのようで殺す対象が人間じゃなくても構わない様だ。~
しかしその時殺す対象が恐怖に怯える様を見るのが好きなため機械や物の破壊には興味が無い。~
殺した人間をコレクションする趣味があり自分の部屋には骸骨が飾られていた。~
史上最強の闘将と言われるだけはあり、その戦闘力は凄まじく、LV2技能のなせる技か、オーラを拳に纏い繰り出す必殺の一撃は闘神都市Υ内壁を一撃で貫通させ大穴を開けてしまう威力がある。カオスが無いとはいえ、ランスでさえどうにも出来ずに撤退を余儀なくされたほどの強さで、彼を止めようとしたレプリカ・ミスリーも奮戦空しく一蹴されてしまい、頭部を鋭い五指から繰り出される手刀で貫かれ、その長い人生に幕を下ろしている。

ビッチに協力して闘神Υを復活させた後、ビッチがユプシロンに殺害された事で自由を取り戻したディオは、手始めにフリーク・パラフィンやヒューバート・リプトンを殺害しようとするが、デンズ・ブラウの命がけの妨害に遭い、一時断念。フリークの案でランスに闘神都市Υの原動力を破壊された後は、マリア達が守備していたカサドの街を単独で襲撃し、動力源としてシンシアを自ら拉致し、闘神都市Υを再起動させ、取り逃がした獲物であるフリークやランスたちを誘き寄せた。レプリカ・ミスリーの仇を討とうとするフリークや助太刀したヒューバートと戦い、二人まとめて返り討ちにするが、とどめを刺す寸前に現れたハンティ・カラーと戦闘を開始する。

しかし、最後は鱗体化したハンティと、彼女が振るう魔刀「不知火」の前に敗れ去り、墜落するイラーピュと共に、その生涯に幕を閉じた。
*人間関係 [#k160bb2a]
-フリーク・パラフィン / 自分を封印した憎い敵
-人間 / 楽しい玩具

***習得魔法、習得技能 [#q420d2b2]
あらゆる殺人技法~
気功拳のような技(必殺技?)
*修得技能 [#b646fcdc]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|CENTER:修得技能|h
||BGCOLOR(White):|c
|気功拳のような技|必殺の一撃|
|魔法無効化能力|一切の魔法を受け付けない、事実上の絶対魔法防御の持ち主|
}}

***特記事項、その他 [#na1b6771]
魔法無効化~
ゲームシステムでは属性耐性の無い属性があるが実際は無効。~
魔法そのものが通用しない。
~
装備可能な武具~
杖、短剣、剣、服、鎧、重鎧、盾
*名台詞 [#r0bdea10]
-おのれ、フリーク。
# 目覚めた時の第一声

***名台詞 [#r0bdea10]
-くくく!逃がさんぞゴミどもめ
 そういえばランスが殺し損ねた奴ってこいつくらい?
-殺し以外は、興味がない。私は、戦う為に生れてきた存在だからな。
# 彼の人格が端的に現れてる一言(防空コアにて)

-ははははは!ずいぶん醜い変身だな
 ハンティの姿を見ての感想
-くくく!逃がさんぞゴミどもめ
# そういえばランスが殺し損ねた奴ってこいつくらい?

-命乞いをする獲物はいつ見ても楽しいねえ
 ディオはいつだって狩る側だった事が分かるセリフ
# ディオはいつだって狩る側だった事が分かるセリフ

-しかし、闘将と戦うのは楽しくないね。私は、死を恐れる表情を楽しみにしているのにな。我等は、脳だけの存在だからね。せめて声で私を楽しませてくれ。恐怖に震えた声でな。
# 人間性がよく分かります。(vsレプリカ・ミスリー)

----
***コメント [#o2271fbc]
#comment
-死を目の前にしての強がりか・・・くくくっ、まったく殺しは最高だな、これ程楽しい事は、他にないぞ、くくくくっ。
# (vsフリーク・パラフィン&ヒューバート・リプトン)

-くくくっ、ははははっ、おもしろい、最高だ!醜いパワーアップだな、娘、ははははっ。
# ハンティ・カラーの鱗体化を見ての感想

*コメント [#o2271fbc]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/聖魔教団,notitle)
&tag(闘将,聖魔教団,故人,ランス4);