レッドアイ -Redeye-

プロフィール
年齢(生年)2026歳以上 / LP7年時点(NC期魔人化)
身長 / 体重鬼畜王:本体:50cm
鬼畜王:闘神ボディ:271cm / 462kg
正史:20cm / 500カラット / 100g
出身(現住地)ケイブリス派魔人
職業魔人
レベル / 才能限界LV160 / LV160
技能LV(傾向)魔法LV3
特技魔法 / 寄生体操作
趣味無益な殺戮
目標自分の魔力を更に高める(鬼畜王)
今より強いボディを手に入れる(ランス10)
登場作品鬼畜王ランス
ランス6(ラフ画集)
ランス10
Table of Contents

解説 Edit

宝石の魔人ナイチサ期に魔人化。
元々は研究者のガウガウ・ケスチナが対魔王用に作り出した魔導具人間の力で魔王に勝てないならば強い者の力を借りれば良いのでは…というコンセプトの元に開発された。武器モンスター、巨大生物、さらにはドラゴンにまで寄生しその力を強めていったが、最終的には人類の敵対者となり、更には魔人化して誰の手にも負えなくなった。過去では製作者を「ガウガウさん」と呼んでいたが、現在は「ケスチナの家の者」「ミーをクリエイトしたヒューマン」などと評する。

本体は紅い目と思考力を持つ紫色の宝石であり、何かに取り憑き、それを媒体として己の膨大な魔力を揮うという魔法生物。血の通ったもの、暖かい体を持つものを憎んでおり、性格はいたって残虐非道そのもの。思考も無機物ゆえにデジタルで、己が魔力を高める事と、己に有益でないものを排除する事の2つしか考えていない。その知性もどこか欠落した所があり、狂っているが、自分では天才だと思い込んでいる。その為に、言動も理解不能かつ狂気染みたものとなっている。

過去にゼス王国の防衛ラインであるマーゼルラインを乗っ取り、大規模な魔軍侵攻「レッドアイダーク」を引き起こした魔人として有名。この事件ではマーゼルライン爆破作戦および勇者の参加によりレッドアイを撃退しており、ゼス王国はこれを教訓として防衛ラインを魔力供給が切り替え可能なマジノラインに作り替える事となった。

現在は第一次魔人戦争のどさくさに紛れて入手した闘神ガンマのボディに寄生している。また寄生の有無に関わらず伝説クラスである魔法Lv3技能保持者であるためその魔力は壮大無比。派閥戦争においては魔人ホーネットと常識を越えた魔法合戦を繰り広げて死の大地を作り上げた。

なお、無敵結界が有効なのはあくまで本体の宝石部分のみで、寄生先には無敵結界が働いていない。 このため鬼畜王では闘神Ωに破壊寸前まで追い詰められ、正史でも闘神ボディの指を吹き飛ばされている。

魔人の中でも強大な力を持ち、なおかつ極めて危険な存在であるのだが、その本体には制作者であるケスチナの血筋が途絶えると自己崩壊を引き起こすという弱点がある。この弱点は鬼畜王ランスの旧設定と、ランス10の新設定で、成立経緯から発動条件まで大きな違いがあるため、それぞれの項目で別途解説する。

ガウガウの死後は己の生命線であるケスチナ血筋の人間を常に連れ歩いているが、その者達への扱いは家畜以下と言って差し支えなく、命に別状がない程度に甚振るなど日常的に虐待している。また血脈を残すため適当に選んだ人間との間に無理矢理子供を作らせ、用済みとなった親は殺害するというサイクルを続けており、現在連れているロナ・ケスチナは24代目に当たる*1

ランス10では Edit

鬼畜王ランスの旧設定から大きな変更はなく「キル・あなた」や「メークドラマ」などの口調も健在。
唯一「ケスチナの血が絶えると自己崩壊を起こす」という条件が「暗示」によるものへと変更されている。この暗示が施された経緯も「力を増すにつれて狂気が宿り始め、ガウガウの死後*2人類の脅威となる事が懸念された為」と比較的前向きな理由になっている。本来は「ガウガウの死」がトリガーであったが、レッドアイは「ケスチナの血筋が受け継がれる限り有効」と歪曲解釈したため生き延びた*3

本編でランスが最初に戦うことになる魔人である。
出番直前まで鬼畜王ランスと同様に闘神ボディだったが、アニス・沢渡との交戦でアームを破損したため見切りを付けて破棄、代わりにアニスの身体を乗っ取っている。 自身には不要ながら、他者に魔力強化をもたらすカラーのクリスタルを絶つためペンシルカウを急襲してくる。
秘密の洞窟を通り、外界への逃亡を図るペンシルカウの住人および引率のランスを追撃。魔力タンクと化したアニス魔法Lv3にモノを言わせて白色破壊光線・黒色破壊光線を連射し最後尾のカラーを多数虐殺した。
しかしながら曲所かつ閉所という地の利を生かしたランス達の反撃と、スペアボディとして確保していたリズナ・ランフビット魔法完全防御体質が災いして窮地を招く。あわやのところで乗り捨てたアニスが覚醒、毎度の大ポカに乗じて逃走に成功する。

魔人討伐隊発足から8週間後、寄生体を伝説の魔物殺しトッポスに乗り換え、大規模魔軍を率いてランス城へ侵攻してくる。
徹底抗戦ルートではランスに重傷を負わせるものの、コパンドンが繰り出したおみくじの「大吉」により一時的に後退。その後再戦に舞い戻るが、駆けつけたパットンハンティが連れ出した「闘神ゼータ」の拘束により形勢が逆転して敗北。寄生体を失ったレッドアイは悪足掻でランスを乗っ取ろうとするが、ビスケッタに全身の触手を縛り上げられてしまい、最後はカオスで真っ二つにされて消滅した。

ランス城の占拠に成功したルートでは、ランス達の撤退戦で殿を務めたビスケッタを捕縛、ケスチナ血筋の守護役として己が使徒に加えようと企む。時悪くビスケッタ奪還に攻め込んできた魔人討伐隊と交戦するが、弱点を漏らし伝えたビスケッタに一芝居打たれて「暗示」が発動、大きな隙を見せたところをカオスに打ち砕かれて消滅した。

鬼畜王ランスでは Edit

大軍を率いてヘルマン領に侵攻してくる魔軍の二番手。
「ケスチナの血が絶えると自己崩壊を起こす」という条件は、ヒネた製作者による「自分が死ぬとその作品全てが崩壊する」という魔法的仕掛けに拠るもの。レッドアイは製作者ケスチナの死期間近で気付いたため、大幅に条件を変更する時間的余裕がなく、トリガーを「製作者個人」から「製作者の血筋」へと中途半端に書き換えることしか出来なかった模様。このため正史とは異なり、レッドアイが認識できない遠隔地でのケスチナ血筋の断絶でもレッドアイは崩壊する。

強力な敵部隊として設定されており、イベントでの対処法が二種用意されている。

  1. リーザスまで誘い込み山越え準備中にロナを暗殺
  2. フリークレッドアイを相対させ闘神オメガになって貰う

1.では手持ち忍者を派遣するのだが後味は悪い。どの忍者を選んでも暗殺成功となるが、それぞれ専用の台詞が存在する。2.ではフリークが退場してしまうのが欠点だが、この犠牲を支払ってロナを救助する事が彼女を幸福にする唯一の条件。イベントなしでレッドアイを倒した場合、ロナに強要して逃走してしまう。作中からは退場するもののロナは不幸のまま。

余談として、フリーク闘神Ωのボディへと換装に向かった間にレッドアイを撃破するとオメガのボディで帰ってきたフリークが愚痴を言いながら、再度換装に戻るイベントがある。

経歴 Edit

年代出来事
NC期研究者ガウガウ・ケスチナ、意思を持つ宝石レッドアイを生成する。
寄生を繰り返し力を増すにつれレッドアイに狂気が宿り始める。
脅威を覚えたガウガウ、自身の死と同時に自壊する暗示をレッドアイに施す。
レッドアイ、ガウガウの血筋が続く限り不滅であると宣言、ガウガウの息子バウバウを確保。
ガウガウ逝去、レッドアイ人類の災厄と化す。
数年後、ケスチナ家より勇敢な女性ツラニツラ立つ。
AL教協力の下バランスブレイカーを駆使、レッドアイを宝石状態まで無力化する。
AL教が封印回収しようとしたところ、魔王ナイチサ降臨、レッドアイを強奪。
レッドアイ魔人となる。
GI0420第一次魔人戦争勃発。
レッドアイ、戦争のどさくさで闘神ガンマのボディを取得。
GI0452第一次魔人戦争終結。
GI0845ゼス王国、マーゼルラインを完成。
GI0912レッドアイ、マーゼルラインに寄生、レッドアイダークを引き起こす。
GI0940ゼス王国、マーゼルラインの爆破を決行。
寄生体を失ったレッドアイ勇者に撃退される。
LP0000派閥戦争勃発。
レッドアイ魔人ホーネット魔法合戦を繰り広げる。死の大地誕生。
LP0007派閥戦争終結。
第二次魔人戦争勃発。
レッドアイキナニ砂漠方面からゼス王国に侵入。
アニス・沢渡を寄生体として取得。魔法手として相性の悪いリズナ・ランフビットを確保。
(以下本編)


ゲーム的には Edit

ランス10では Edit

寄生体に合わせた攻撃を繰り出してくるのが特徴。
アニス・沢渡に寄生している際は定ターンで強力無比な破壊光線を放ってくるため、タイミングを見計らってリズナリアーを展開することが肝要。トッポスに乗り換えると一撃即離脱の葬り攻撃を連発してくるため、デコイやバリア、手裏剣を駆使して体勢を崩さないよう維持に努める必要がある。
いずれの交戦においても殲滅戦ではなく時限戦が設けられることが多く、高難易度や良報酬を目指すためには綿密なメンバー選考と戦略が必須。

鬼畜王ランスでは Edit

終盤の魔軍侵攻戦における最大の脅威と言って過言ではない。
デジタル思考故か、プレイヤーがやるなら必勝パターン、敵CPUがやったら嫌がらせ以外の何物でもない戦略を堂々と繰り広げてくる。すなわち前衛に大量の肉壁(5000・4250)・後衛に大量の砲台(3700・2000)である。これは全魔軍を見通しても最大戦力となっている。

そもそもの問題として人類軍は魔法隊でもない限り魔法防御力が低く、後衛隊はコスト面から増強がしにくい特性を抱えており、レッドアイレッドアイで単体でも作内最高魔力15*攻撃回数100というぶっ飛んだ破壊力を備えているため、下手に平原戦でも挑もうものならあっという間に兵力を溶かされ敗走を余儀なくされる。

幸いロナ・ケスチナの不幸条件を満たしたい以外では真面目に戦う必要もなく、イベントで引導を渡すのが最善手。フリーク・パラフィンが仲間にいるならば真っ先にご対面させて闘神オメガに換装して貰おう、いないのであればバラオ山脈に引き込みロナ暗殺に踏み切ればさくっと自壊してくれる。

特記事項 Edit

  • 鬼畜王ランスでは自壊条件が魔法的制約となっておりケスチナ家の断絶は死活問題だった。
    • 故に「自然繁殖させた上で一人確保しておいた方が磐石なのでは」というツッコミも多かった。
    • 勿論「まぁレッドアイだし?」で片付けられていた問題でもあった。
  • 正史ではレッドアイ自身の認識が自壊条件の全てなので、手元に確保しておく理由は強まった。
    • 当然「何故一人しか確保しないのだろう」というツッコミは挙がった。
    • まぁレッドアイだし?
  • ケスチナ血筋を使徒化しない理由
    • 魔血魂量が減るから、虐待の快感が減るから、人間嫌いだから、などの理由が考えられるが…
    • 反面、ケスチナ血筋の守護者としてビスケッタ使徒化を企むなど、おかしな思考をしている
  • ビスケッタ・ベルンズの「ケスチナの子孫はその後も増えているはず」「ロナは最後の末裔などではない」という判断自体は、実のところ彼女自身が言うように一か八かの賭け
    • 図鑑によればレッドアイが欲しているのはガウガウ・ケスチナの直系子孫である
    • ガウガウが逝去した時点で息子バウバウはレッドアイに確保されている
    • バウバウ以外の子供の存在は明らかにされていない
    • ガウガウは病床で逝去しているため、孫以下の代が存在するか明らかにされていない*4
    • ツラニツラが直系子孫である可能性もない可能性も明らかにされていない
    • 以上から、現状ではロナが本当にガウガウの直系子孫最後の末裔である可能性は残されている*5
    • レッドアイの自壊条件が「暗示」であった以上、今更どうでもいい話ではある
  • ロナ殺害を直視して衝撃のあまり寄生体トッポスから転がり落ちているものの
    • 実際のところ自壊などしておらず、元気?に悲嘆を叫びまくっている
    • その隙をついたランスによるカオスの一撃で滅んだというのが現実
    • ビスケッタも「殺すフリで大きなショックを与えられるだろう」程度に考えていた
  • ナイチサ期から2000年強、ケスチナ血筋の扱いを鑑みてロナが24代目というのは計算に合わない。
  • 設定担当とライターの意見交換が回ってないのか、本編と図鑑で情報齟齬がいくつかある

人間関係 Edit

修得技能 Edit

修得技能
炎の矢
氷の矢
ファイヤーレーザー
ミラクルストレートフラッシュ
白色破壊光線
黒色破壊光線
寄生体操作
瞬間移動
遮音結界(仮称)

名台詞 Edit

  • モア、魔力! 邪魔なもの、すべてキル!
    彼のたった2つしかない行動原理
  • いわゆるひとつの、キル・あなた~!
  • メイクドラーーマーー!!
    口癖。後者は断末魔も兼ねる。
    元々が時事ネタであり、
    かつ元の語を作った人物が過ぎていく年月の中で
    簡単にパロディにできる年齢・身体状況でなくなってしまうという変化を迎えてしまった為、
    正史で出る頃にはなくなっている可能性があるのではと懸念されていたが、
    正史でも普通に使われていた。
  • もういいよお前
    ランス10より。珍しくも和英チャンポンではない、冷めた口調の発言。
    倒しても倒しても何度でも立ち向かってくるランスに対する、相当の苛立ちが垣間見られる。

画像 Edit

17.png ランス10

©アリスソフト

コメント Edit

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • カオスも言ってたがトッポスアニスも操られていた時の方がまともだったよなホントに -- 2018-08-02 (木) 18:41:31
  • ロナに顔差し出す癖つけてたけど、どうやって顔はたいてたのかな?闘神ボディじゃどんなに手加減しても死ぬと思うんだけど… 触手でぺちんぺちんしてたとか? -- 2018-08-19 (日) 23:31:56
  • せっかくアニスと夢のコラボしたのにクソ弱かったのが残念でならない。鬼畜王みたいに平地で聖骸闘将率いてれば… -- 2018-09-01 (土) 10:12:23
    • キチガイ度もアニスのが上だったしな 寄生してた時のがマシだったという -- 2018-09-01 (土) 10:46:30
  • 無敵結界もないただの魔法具時代にドラゴンとかに寄生できてるあたり、隙を伺う能力とか意外と高そう -- 2018-09-21 (金) 04:40:04
  • ロナを殺さないようにする為とはいえ、やっぱレッドアイの崩壊条件の改変は色々おかしいわ。血筋がいくらあろうと絶える可能性はあるんだからロナに拘るのは全然不思議じゃないのにな -- 2018-09-22 (土) 05:56:06
    • 闘神の強さを体感してるのに闘将とかドラゴンにパラサイトしてやろうかとか言ってるのも違和感あった。妥協するようなやつじゃないと思うし。まあエキサイトして適当こいてた可能性もあるけど。 -- 2018-09-22 (土) 06:28:31
      • あっさり闘神捨てて魔法だけのアニスにしたのも謎だな。魔法が効かないのはハニーリズナだけじゃなくディオ・カルミス、10だとなぜか効くがますぞゑだっているだろうに。スペアがリズナだったり狂ってるとはいえ何を基準に寄生対象を選んでるのかわからん -- 2018-10-09 (火) 23:08:00
      • そこがあらゆるものに寄生するというコンセプトで生み出された彼の持つ精神的弱点なんだろうね。強い要素(実際に強いかは別)を持ってるボディを乗っ取ったら満足感を感じ、少しでもケチの付いたボディは最強ではない=無価値だから捨てるっていう極端な思想に支配されてて、客観的な評価は全然できない感じ -- 2018-10-12 (金) 00:18:22
      • リズナ魔物隊長が勝手に持ってきただけだぞ。同僚からレッドアイは無敵結解があるから、魔法無効化の意味ないだろって突っ込まれてたし -- 2018-10-12 (金) 16:24:03
      • 闘神のアームがアニスに破壊されたことを考えると、ボディになる身体が魔法無効化なのは全く意味がないことはないかもしれない。と思ったが魔物兵に寄生した時は黒色破壊光線喰らってもダメージなさそうだったな -- 2018-10-12 (金) 18:53:06
    • てかなんで血筋がバウバウ系しかないと思ったんだろうな。自分が知らないガウガウの血筋をひくツラニツラにやられたんだろう。ガウガウの血筋をひくのが他にいておかしくないと気付ける機会はいくらでもありそうな -- 2018-10-08 (月) 09:19:15
    • というか、俺がレッドアイの立場なら、親を子の餌にするとかせずに死ぬまで子供産ませて、その子供にも死ぬまで子供産ませるわ。命綱が一人だけとか怖すぎる。使徒化しなかったのは、僅かでも自分の力が減るのが嫌だったからだろうけど -- 2018-10-08 (月) 12:42:46
    • ロナは使徒化しないのにビスケッタ使徒化しようとしたり、なぜか一緒に閉じ込めたり、自分からベラベラ弱点喋ったり。ビスケッタ使徒にするなら絶対服従、ロナを守るなら永久保護魔法で監禁とか。魔法レベル3なんだし -- 2018-10-08 (月) 17:17:47
      • キチガイだから優れた技能持っていてもまともに使えないのだ -- 2018-10-08 (月) 23:49:54
      • なんか不自然なストーリーでしたね。ゲームしながら違和感バリバリだった。 -- 2018-10-09 (火) 01:16:18
      • シリーズの締め方はまあ悪くなかったし、自動解放シナリオあたりはやばかったんだが、正直それ以外は、ね… -- 2018-10-09 (火) 22:20:18
      • ライターとして言わせてもらえば、これだけ前提仕様やユーザーの期待が積みあがってる状態でコアなファン向けに矛盾点までなくすのは無理だよ 無茶いうな -- 2018-11-03 (土) 21:00:23
      • 鬼畜の設定そのまま持ってくればいいだけ。安易なロナ殺害をランスが却下してレッドアイ本体を撃破する痛快な話が求められていた -- 2018-11-04 (日) 21:05:50
  • ↑×3そう思ってるのは少数派だがな。シナリオ面は間違い無く鬼畜王なんかより遥かに10の方が上。 -- 2019-01-06 (日) 15:47:07
    • どのコメント指してるんや…? -- 2019-01-10 (木) 06:24:18
  • 発売直前の「ぼくがかんがえたさいきょうのれっどあいのかつやく」から発売直後の「初っ端からレッドアイ!燃える!」からクールダウン後の「あれ…もしかしてこいつ出オチ?」の流れがよくわかるコメント欄 -- 2019-01-09 (水) 11:37:05
    • せめてゲーム的にケッセルリンク並みに強くあってほしかった… -- 2019-01-10 (木) 06:33:47
    • フリークをかっこよく散らせた9の被害者だよな。せっかく盛り上げられそうな闘神関係の要素を捨てさせられて可哀想だったわ -- 2019-01-10 (木) 12:30:29
    • 本来的には1週目こそが本来の難易度とすれば、レッドアイは目茶苦茶強くてプレイヤーを苦しめる強敵だった、と納得することにしているよ -- 2019-07-28 (日) 22:33:03
      • 実際1週目はパットン達の増援付きでも負けて砦ルート行きにされたし弱体化ルート選べるケッセルと違ってストーリー的には一・ニを競うレベルで強敵だったと思う。 -- 2020-02-26 (水) 11:51:26
  • 魔法レベル3のくせにカードのステータスが低すぎるのはどういうことなんだぜ。何かに寄生しないと力を出せないのか、ルド世界での寄生はとんでもなく高度な魔法なのか。 -- 2019-09-26 (木) 19:23:55
    • 本人も魔法レベル3なのに魔法レベル3に寄生しないと破壊光線連射できない辺り、寄生に魔力使ってるのはありそう -- 2019-10-19 (土) 13:36:34
  • とうとう織音に魔人最弱とまで言及される始末。 -- 2020-02-26 (水) 14:15:29
    • まあ宝石状態限定なら確かに最弱だろうね。ビスケッタさんに簡単にぷちっとやられちゃう程度 -- 2020-02-26 (水) 14:30:54
      • 織音の言いたかった事と合致するかはわからないが、むしろ無寄生宝石状態の方が強かったんじゃなかろうか、あいつ。寄生しても基礎能力のみに頼るから寄生対象の本来の実力は発揮できないし、自分の魔法Lv3も死にスキルになってる。要は寄生すると逆に弱くなってるんだが、キチガイだからそれに気づかなかったと。 -- 2020-02-26 (水) 18:22:32
      • 無敵結界を破られた状態+寄生なしだと、確かに魔人の中では耐久性に難がありそう、護身とかできなそうだし -- 2020-02-28 (金) 07:49:35
  • レベル=強さではないとはいえ、最弱とまで言及されるとかなり高いレベルが不自然に見えるな。元が無機物だからレベル固定とかなんだろうか。 -- 2020-02-26 (水) 21:03:21
    • ルーンも肉体的には脆弱らしかったし成長が魔力極ふりなんだろうさ -- 2020-02-26 (水) 23:22:04
  • 難しく考えなくても結界外に弱点(ロナ)が存在する時点で普通に最弱なんじゃね。俺らは結界割れる前提で考えるけど他の魔人はそもそも物理的に倒せないわけで -- 2020-02-28 (金) 18:44:10
  • 寄生無しなら最弱。寄生先次第で最強の魔人ってことなんじゃね -- 2020-02-28 (金) 19:34:49
    • なんかレッドアイの設定ってよくわかってないんだけど、寄生先の制限ってないんだっけ?魔人行けるならホーネットケイブリスに寄生したらいいんじゃ?とかこっそり隙ついて魔王に寄生したらどうなるんだろとか?一級神や三超神でも寄生できるのかな?とかいろいろ疑問に思う。いくら何でも無理だろうけど -- 2020-02-28 (金) 20:01:51
      • トッポスもありなら怪獣も耐性次第じゃいけんるんじゃね。後付けで盛りやすい設定だと思う -- 2020-02-28 (金) 21:24:53
      • 大陸下に潜って聖獣操作して大陸壊滅まで狙えるぞ -- 2020-03-23 (月) 12:18:12
      • トッポスは結界効くけど聖獣は効かんだろうからリスクデカ過ぎるだろ。ケイブリス乗っ取る方がまだ難易度低い気が。 -- 2021-03-15 (月) 09:03:38
  • なんだかプレイヤーとスタッフの認識に齟齬がある魔人だったな、いくらなんでも最弱認定はあんまりだ… -- 2020-03-01 (日) 06:47:15
    • レッドアイ本体が最弱なだけで寄生能力加味した驚異度とは別じゃない。闘神とかトッポスに寄生したレッドアイは明らかに下位の魔人を圧倒してるしゼスの要塞乗っ取るとかもヤバい -- 2020-03-01 (日) 07:16:19
      • トッポス憑依では物理しかしてこなかったのがなぁ、あそこで魔法も連射してきたらやっぱヤベエはコイツだったのに。戦闘描写が寄生先に依存し過ぎてる -- 2020-03-01 (日) 18:23:10
      • 魔法使いの魂が憑依する事が前提だった闘神と違い、物理極振り仕様のトッポスのボディだと上手く使えなくなってたのかも -- 2020-03-01 (日) 19:52:10
      • トッポスのそのあたりの事は3周年があったら聞きたいね。とりあえず最弱に関しては額面通りに取らない方が良いと思う。スタッツ低いが効果がヤバい奴の典型だしね -- 2020-03-01 (日) 20:29:37
      • 寄生先がトッポスクラスになると本体が魔法撃つより殴りまくった方が実際に強いんでないか? -- 2020-07-25 (土) 14:52:03
      • ランス城襲撃時の初戦は葬り攻撃1ターンに4連発とかしてくるし強いとは思う。ただアニス時もトッポス時もイベント処理で二戦目が楽になりすぎるからな… -- 2020-11-02 (月) 22:22:04
    • 質疑応答抜きにしても寄生能力生かしてもう一回二回は戦いたかったよね、制作側も試行錯誤してた形跡はあるけど -- 2020-03-23 (月) 19:45:16
    • 普通に闘神γ状態で相手したかったな、Ζ登場も盛り上がっただろうに。Ζ有りで突破するルート闘神都市のコア落として突破するルート、悪手だがロナ殺して突破するルートと色々考えれるのに -- 2020-07-25 (土) 17:52:09
  • 他の魔人は激闘の末カオスを突き立てて消滅なテキストだけど、こいつだけ拠り代乗り捨てて本体が万全な状態からカオス一撃で死んでるテキストだからな、そりゃ最弱だわ -- 2021-03-16 (火) 14:14:52
  • ロナのページだと理解できなかったのでこっちで確認。鬼畜王と合わせるならロナのスペアは居ないでFAかな。矛盾が明らかになってスッキリだわ。まぁ贅沢は言わんとしよう。 -- 2021-04-17 (土) 10:11:04
    • ロナページの何がまずかったのかまで書いてくれると手直しが捗ります -- 2021-04-17 (土) 11:01:42
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
魔軍
魔王血の記憶(トロス) - ククルククル - アベル - スラル - ナイチサ - ジル - ガイ - リトルプリンセス - ランス (or ケイブリス or ビュートン)
ケイブリス派ケイブリスケイブニャン - ケイブワン
カミーラアベルト・セフティ - ラインコック - 七星
ケッセルリンクファーレン - アルカリア - エルシール - 加奈代 - シャロン - バーバラ - パレロア - リリム - (ペルエレ・カレット)
レイ
カイト
レッドアイロナ・ケスチナ
ジークオーロラ
メディウサアレフガルド
ワーグラッシー
ラ・サイゼルユキ
パイアールPG-7 - PG-8 - PG-9 - PG-10 - エロヤックALV - ルート・アリ
ガルティアラウネア - タルゴ - サメザン
バボラ
レキシントンアトランタ - ジュノー - ニミッツ・リーク
ホーネット派ホーネットケイコ - マナブ- リツコ - マツタロウ
シルキィ・リトルレーズンリトル
メガラス
ラ・ハウゼル火炎書士
サテラシーザー - イシス - イシス2
アイゼルガーネット - トパーズオパール) - サファイア
ノス
無所属ザビエル藤吉郎 - 煉獄 - 魔導 - 式部 - 戯骸
レーモン・C・バークスハムアーシー・ジュリエッタ - ルーシー・ジュリエッタ - マーシー・ジュリエッタ
ますぞゑブラット - ピット - 奈落の王
アベルト・セフティアニス・沢渡
小川健太郎
オギン・ギンプ
魔物大元帥
魔物大将軍
ストロガノフ - ツォトン - ピサロ - ヨシフ - ルメイ

Tag: 魔軍 魔人 ケイブリス派 鬼畜王ランス


*1 23代目はロナの眼前で殺害され、死肉をロナの夕食に宛がわれた
*2 ガウガウ本人に逆らう事はなかった模様
*3 ランス10:図鑑コレクションより
*4 長年の研究や死後を危惧しているワードから高齢である可能性も十分ありうるし、夭逝した可能性もある
*5 少なくともバウバウの子供以降の直系子孫はロナのみ